スポンサードリンク

2009年06月25日

歩きはじめのふらつき

梅雨なのかわからないくらい良い天気が続きますね!
こう雨が降らないと庭の水やりに精を出さんとあかんのですよね。



歩きはじめ(特に朝起きて間もないとき)に頭がフラフラして安定しないという患者さんや知り合いからたて続けに相談をうけました。


まず、解決法を導き出すためにふらつきがおこる時間帯がヒントになります。

起床してからしばらくの間ですと、就寝中は筋肉の動きがないので結合組織(靭帯・腱・筋膜・骨膜・粘膜など)に異常があり、筋肉が硬くなってしまっている場合はどうしても血流などが悪くなってしまいます。
これは、足のこむらがえりも同じことが言えます。


今回の頭の場合は、いずれも手から歪み頭にまで歪みと結合組織の異常が連鎖していました。

故に、就寝中や日中に、前腕部を締めておくことで前腕骨間膜の異常を軽減させれますのでふらつき自体はかんじなくなったそうです。

勿論、施術で結合組織の異常を解消し固定したほうがより根本からの解決になります。
posted by 藤原 寛 at 15:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 整体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
足裏の状態が気になるのでレントゲンだけは撮っておこうと思い、整形外科へ行ってきました。結果は『種子骨』の分裂でした。
はっきりと二つに割れてました。何年か前にやったようですが、記憶にありません。
2年ほど前から(これも曖昧です)テニスの後靴を脱ぐのが痛かったけど。
疲労骨折ということもあるんですかねえ。
Posted by ケン at 2009年06月27日 01:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122205611

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。